コーヒーの様々な楽しみ方

フレンチプレスによるコーヒーの入れ方!誰でも香味豊かなコーヒーが作れる!

こんにちは!

Naomi
Naomi
コーヒーのアロマで朝がとっても元気になるNaomiです!

今回は、初心者でも簡単に香り豊かなコーヒーを作れるフレンチプレスの入れ方をご紹介します!

Sponsored Link

用意する道具と特徴

◆用意する道具

①フレンチプレス

お湯を入れるポット部分と、金具フィルターが付いたふた(プランジャー)からなる抽出する器具。

コーヒープレス、プランジャーポットなどと呼ばれたりしています。

②タイマー

お湯の注ぐ瞬間からプランジャーを下げるまでの時間を測る。

◆フレンチプレスの特徴

ドリップ式と大きく違うところは、抽出方法です!

コーヒーの粉にお湯を通過させて抽出させるペーパードリップやネルドリップが「透過式」と言います。

もう一つは、コーヒーの粉を浸して成分を抽出する、フレンチプレスやサイフォンが「浸漬式」と言います。

日本茶や紅茶もこれにあたります^^

フランスで流行したためにフレンチプレスと呼ばれるようになっと言われているそうです。

私は、コーヒーが好きでよく飲むようになるまで紅茶を淹れる器具だと勝手に思っていたのですが実はヨーロッパでは一般的な抽出方法です♪

でも最近は日本でもコーヒー器具としても人気が高まっていて専門店に行かなくてもキッチン用品売り場でも普通に幾つかの種類が売られています。

フレンチプレスでコーヒーを入れる魅力は、コーヒーの持つ香りや味わいが、どんっとダイレクトに楽しめるところです!

ペーパードリップだと、フィルター部分でコーヒーオイル(油脂分)を吸って除去されますがフレンチプレスだとそのままですのでしっかりと抽出されるのが特徴です。

コーヒーオイルには香り成分がたっぷりと含まれているので、ペーパードリップより断然香りが豊かです!

それがまた大好きなのです(笑)

このほどよいオイル感のあるコーヒーは、まるみのある口当たりというか、なんとも言えないまろやかな味わいになります。

コーヒーの個性がダイレクトに出るとなると、古い豆や質の良くない豆を使って淹れてしまうとそれなりの成分も出てしまいます。

でも、抽出の手順がシンプルで量や時間などをきちんとはかれば安定した味が出せます^^

特に難しい技術もいらないですし、入れる人による味のブレが少ないですので誰が淹れてもほぼ同じ味になるフレンチプレスはほんとおススメです!

・口当たりがまろやかになるオイルが抽出されて香りも豊か

・手順が簡単で味のブレが少なく誰が淹れてもほぼ同じ味になる

・かわいくて来客時などにもテーブルがおしゃれになります♪

フレンチプレスの入れ方

①コーヒーの粉を入れてトントンする

フレンチプレスの蓋を取って、プランジャーを引き上げておく。

タイマーを4分にセットしておく。

ポットの中に粉を入れて軽くゆすって平らになるようトントンする。

おすすめの目安

焙煎度合:中煎り~深煎り

豆の挽き具合:中挽き~中粗挽き

分量:350ccのフレンチプレス…16g

500ccのフレンチプレス…24g

1000ccのフレンチプレス…42g

温度:沸騰直後の熱湯

②1湯目を注ぐ

粉全体に行き渡るように、熱湯をポットの半分くらいの高さまで注ぐ。

注ぎ始めると同時にタイマーをスタートさせる。

※タイマーのスタートボタンをピッと押してから注ぐ、で大丈夫です^^

③蒸らす

そのまま30秒ほど蒸らす。

お湯を半分まで注いだらチラッとタイマーを見て下さい。

注ぐのにだいたい5秒ぐらいとして3分55秒。

そこから30秒程ですので、残り3分25秒のところで蒸らしが終わりという事になります。

お好みで20秒でもOKです^^

※新鮮なコーヒーを使って注湯がうまくいけば、ガス・粉・液体の3層にキレイに分かれます。

左側の写真では、ほぼ粉と液体の2層になってしまいましたが、こんな風になることもあるよ!ってことでキレイではないですが、例としてアップさせて頂きます^^

右の写真は上から見たところです、泡が少しありますね。

これが豆がもっと新鮮でうまく注湯がいけば厚みがでて横から見ると3層になるはずです(笑)

ビールも注ぎ方で上に泡の層が来ますがあのイメージです~。

④2湯目を注ぐ

粉のふくらみが落ち着いて液の表面が下がってきたら、「の」の字を書くように再度お湯を注ぐ。

量はポットの縁から1.5㎝くらい下が目安です。

⑤ふたをして待つ

プランジャーは上げた状態のまま蓋をします。

そのままタイマーがゼロになるまで待つ。(最初のスタートから4分経つまで)

⑥プランジャーを下げる

時間になったらプランジャーをゆっくりと押し下げてカップに注ぐ。

※片手で蓋を押さえながら吹きこぼれないように注意してくださいね!

Naomi
Naomi
カップに注ぐときの注意があります!

二人分以上を入れる時は、日本茶などと同じく、味や色が均一になるよう少し注いでは隣のカップへと何回かに分けて順番に入れてください。

フレンチプレスの楽しみ方

◆クリーンな味わいにしたい場合

4分経ったあと、プランジャーを下げる前に一度ふたをはずし、浮いたアク(ガスの層)をスプーン等で取り除く方法もあります。

雑味がとれてすっきりした味わいになるので、気になる方は取り除いて下さい。

でも取りすぎるとせっかくの香りも薄くなってしまうので加減してみて下さいね♪

◆飲み比べを楽しむ

入れ方による味のブレが少ないのが、フレンチプレスのいいところなので、この部分を活かして色々な銘柄の飲み比べをしてみるのも面白いですよ!

Naomi
Naomi
いくつかの銘柄を入れてスイーツなんかも友達と持ち寄ったりして色々な組み合わせで楽しむのもおススメです
Sponsored Link

入れ方のまとめ

①コーヒー粉を入れてならす

②1湯目を注ぐ

③蒸らす

④2湯目を注ぐ

⑤ふたをして待つ

⑥プランジャーを下げる

以上、フレンチプレスによるコーヒーの入れ方のご紹介でした!

コーヒーの美味しい淹れ方は量や温度で決まる?【ドリップコーヒー編】こんにちは! 今回は美味しいドリップコーヒーの淹れ方についてまとめてみました! 難しいことは考えない私のような『ただ...
エスプレッソの入れ方とは?ハンドドリップで美味しく入れるコツも!こんにちは! エスプレッソと聞くと苦くて濃いイメージが強くて、苦手な人も多いと思います。 そこで今回はハンドドリップ...
カフェオレに合うコーヒー豆の選び方!ポイントとおすすめの豆も!こんにちは! 今回はカフェオレに合うコーヒー豆のおすすめと選び方ポイントをご紹介します。 カフェオレとカフェラテってどう...
Pocket

Sponsored Link